学校教育の意味とは

日本の英語教育の変遷

日本の学校での英語教育

今までの中学からの英語教育が見直され、義務教育として小学校から取り入れるようになりました。幼稚園でも学ばせる所が多く、必要不可欠なものとなっています。異文化交流にも最も使われる言語なので、学校や塾でも力を入れている教科でもあります。英語を文法中心で学ばせてきた過去がありますが、向上させる為にはリーディングやヒアリングが大切です。又外国人とより多く会話することは、身に着けていく学びの方法の一つです。辞書を引きながら英文を翻訳することは、堅苦しい文法を学ぶより、より多くの知識を得る近道なのかもしれません。

学校の持つ様々な機能と存在意義

学校教育の役割はひとつだけではありません。その幾つもの役割が機能することが願われます。まず、勉強することが第一義に考えられます。その他にも学科に加え、部活やクラブ・サークルなどを通して、将来にたいするビジョンが生まれるかもしれない場所です。そして、様々な人間関係を通して、社交性を身に着ける事も重要です。もしかしたら、勉強よりも大切といえるかもしれません。思春期にそれらを学ぶことに意義があります。その人の一生を通して影響する事柄だからです。この様に、多面的なアプローチで人を成長させてくれるのが学校教育の存在意義です。

日本の学校教育の情報

新着情報

↑PAGE TOP